スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本時代

今日は先日読んだ本で印象的だった言葉を書き出しておきます。

“絵本アルバム”~斎藤流子育て記録術~(斎藤孝:著 ほるぷ出版)より。

その時々に読んでいる絵本をつかって、子育てのアルバムにしていくというアイディアです。
写真ではなく、そのときに話している「こどもの言葉」を絵本のページに書き付けると、後で振り返ったときに得した気分になるものです。子どもの言葉は、そのときは覚えていなくても、成長につれて不思議と忘れてしまいます。その時々で読んでいる絵本に日付や子どもの年齢・月齢を入れて、気楽に楽しみましょう。
(中略)
絵本を読んで、その時々の言葉や反応を書きとめておくだけで、その本が我が家の歴史を語る「たったひとつのアルバム」になるのです。(P4~P5)

言葉は子どものその時代の感性をもの語り、その子が成長過程でどのように物事を捉えているかが、よくわかります。
(P8)

おしゃべりを始めた頃の子どもの勘違いでいう言葉や、ボキャブラリーが増えて、考えていることをちゃんと伝えられるようになった子が独特な捉え方で笑いを誘う言葉などは、忘れないうちに書きとめておくようにしたいものです。(P9)

言葉のかけ合いによって、自分の言葉がしっかり受け止められると、脳は何か新しい発見を積極的にし続けるようになります。そうすると、自然と子どもは発見することに喜びを見出します。
よく「頭のよい子になる絵本はどれですか?」といった質問をされますが、本当の頭のよさというのは、わざわざまわりが何かを与えなくとも、自分から進んで好きなことを見つけ出し、かかわりを求めることができることだとおもいます。つまり、与えられた物を単に処理する能力ではなく、積極的にじぶんで意味を発見する能力ということです。
子ども時代にまず身につけておきたいことは、処理能力ではなく、発見の喜びです。そして、感受性の豊かさを育むことでが大切ではないでしょうか?(P9~P10)

テレビは一方的に映像を受け取るうちに時間が流れていくので、映像の面白さを親子で確かめながら共有することができにくいものです。対して絵本は、親子で同じ時間と対象を共有することが出来るよさがあります。
子どもは同じ絵本からでも、毎回たくさんの新しい気づきを得ているものです。
成長するにしたがって、同じ絵本を読んでも、感じることや発する言葉がどんどん変化します。
(P12~P13)

子どもは、親の思うように育ちません。仮に、思うように育てられると思っても、それは、「親にとって都合のいい子」でしかありません。時間がたてば、そうした親子関係は崩れます。親の管理下で子どもは自立することができません。(P22)

絵本を読んであげる時間は、たとえそれが役に立たない時間であってもいいのではないでしょうか。「こんなにたくさんの絵本を読んだから、うちの子はこんなに○○になった!」というような、効果効能を期待して読むと疲れます。
それにあっという間に絵本を一緒に読む親子のゴールデンタイムは去り、中学生、高校生と大きくなってしまいます。そのときになって振り返ると、絵本を読んでいた時間が幸福に包まれていたことに気づくでしょう。
小さな子どもがいる時間は、いってみれば「家族の華の時期」「親子のゴールデンタイム」なのです。
ひとつの世界を二人で共有し、イメージの世界で会話する楽しさは期間限定の尊い時間なのです
(P23)

「絵本時代」かけがえのない親子の蜜月の時だ。
子どもが生まれてから小学校に入るまでの期間は、ふつう幼児期と呼ぶわけだが、私にとっては「絵本時代」と名づけたいものだった。夫婦共々寝不足でフラフラになるまで絵本を「読みきかせ」させられた。長男がまだハイハイしかできないゼロ歳児の頃は、好きな絵本を投げてはハイハイして持ってきて、親が読むのを嫌がると、絵本のカドで頭をガンとやられ、結局は何十回も読まさせていただいた。
子どもと過ごす時間の中心には、絵本があった。子どもは絵本を貪欲に吸収する。しかし、その熱中は親の助けがあってこそ生まれる。一緒に絵を見ながら対話することで考えることを学び、ドンドン意欲が高まる。子どもが高校生になった今を思い返すと、あの「絵本時代」が夢のように幸せなときであったとわかる。あの頃、子どもが話していたカワイイ言葉をもっと文字にして記録して置けばよかったと悔やんだ。それは「絵本アルバム」の発想につながった。(あとがきより)

*****************************************************

我が家でもcocoちゃんが絵本を持ってくると1回読むだけでは満足してくれません。
何度も何度も、繰り返し読まされ読んであげます。
時には内心“面倒だなあ…”と思ってしまう悪いママでありますが、この文章を読むと
このcocoちゃんの何度も「読んで!」って絵本を持ってくる時間を大切にしなければ…と思ったママです。

スポンサーサイト

非公開コメント

夢を叶えるための名言集☆


presented by 地球の名言

人生が輝きだす名言集♪


presented by 地球の名言
プロフィール

 hiromisa

Author: hiromisa
関東在住。
・夫(ジョニー)
・私(hiromisa)
・娘(coco)…2008年7月31日生まれ
の3人暮らし。
coco(娘)は先天性心室中隔欠損症をもって生まれ、2009年2月2日に心内修復手術(心室中隔欠損孔パッチ閉鎖)を受けました。

*コメントのお返事は、サイトをお持ちの方にはサイトに遊びに行かせてもらってしております♪

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。