スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインのクッキー(!?)

ちょっと遅ればせながらバレンタインデーネタをアップです。

昨年は市販のチョコレートケーキでしたが、今年は久々に手作りをしてみました。
手作りといってもチョコレート菓子ではなく、材料が揃っていて手軽に作れるクッキーを作りました。

向かって左が“練乳クッキー”、右側が“きなこ小豆クラッカー”です。

バレンタインのクッキー

“練乳クッキー”は某雑誌で見たレシピから。
材料はバター80g・練乳90g・小麦粉170gというシンプルさ。通常お菓子作りの時のバターは塩の入っていない無塩バターだったりするのですが、このクッキーのバターは通常お料理の時に使う有塩バターを使います。ので、とっても便利。材料を順番にフードプロセッサーに入れて、生地をまとめてラップに包み、冷蔵庫で30分冷やしてカットして焼く(160度で20分)だけというお手軽さ。でも、お味はバターの風味が利いた美味しいクッキーでした。コチラは夫に“おいしいよ♪”と好評でした(*^_^*)

向かって右の“きなこ小豆クラッカー”は、“yomeカフェレシピ”(2010年2月14日の記事)よりです。
ちょうど小豆の缶詰ときなこと小麦粉があったので、こちらも作ってみました。
もとのレシピの小豆は150gでしたが、手元にあった缶詰は190gだったので、きなこ20gと小麦粉130gの
の量をきなこ30gに小麦粉を160gくらいにしてみました。そうして混ぜてみたら、固まらない…(>_<) しょうがないので、牛乳を生地がまとまるくらいまで加えてみました。

そうして生地をまとめてから、薄く伸ばして焼きました。

レシピでは180度で12~20分になってましたが、ちょっと厚みがあったので、もう少し時間を追加して焼きました。オーブンから取り出し、冷めてから食べたのですが、か…硬い…。前歯では噛めず、奥歯でないと割れません…。

伸ばし方が足りなかったのか、ちょっと生地の厚みが厚かった模様。
レシピでは“2~3ミリに伸ばして…”とあるので、このクラッカーを作るときにはちゃんと薄く薄く伸ばしたほうがよさそうです。(そうすれば食べやすいクラッカーになると思います。)

でもかなり噛み応えがあるので、もう少し甘みを少なくしてつくれば、ダイエットクッキーになりそうです。
ご飯の前に硬いクラッカーを何枚か味わって食べれば、この硬さで脳の満腹中枢が刺激されて、ご飯を食べ過ぎなくてすみそう…なんて思った私です(^_^;)

こちらの方の夫の反応は“硬い…(>_<)”ということで、1~2枚食べただけで、後はほとんど私のお腹の中に…。
次回、作るときには食べやすいクラッカーにしたいと思います。

そんなこんなで手軽に済ませてしまった今年のバレンタインデー。
来年のバレンタインデーの時には、cocoちゃんも2歳半になっているので、もう少し手の込んだものが作れるかな…?
スポンサーサイト

非公開コメント

夢を叶えるための名言集☆


presented by 地球の名言

人生が輝きだす名言集♪


presented by 地球の名言
プロフィール

 hiromisa

Author: hiromisa
関東在住。
・夫(ジョニー)
・私(hiromisa)
・娘(coco)…2008年7月31日生まれ
の3人暮らし。
coco(娘)は先天性心室中隔欠損症をもって生まれ、2009年2月2日に心内修復手術(心室中隔欠損孔パッチ閉鎖)を受けました。

*コメントのお返事は、サイトをお持ちの方にはサイトに遊びに行かせてもらってしております♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。