スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受難の日

昨日は、cocoちゃんにとって受難の日でした。
なぜなら2度も少し高さのあるところから落ちて、後頭部を打ってしまいました。

1度目は居間のローテーブルの上から。
最近、このローテーブルの上に自力で登れるようになったcocoちゃん。昨日もママに“危ないから登っちゃダメよ!”と言われつつも、無理やり登ったcocoちゃん。登ってしまったので、目を離さないようにしておかなきゃと思ったママ。でも、テーブルの上で向きを替えて座った直後、座った場所がテーブルの端よりだったため、頭の重さでバランスを崩し、後向きでカーペットの上に落下。

2度目は寝室のベランダへ降りるところから。
ママが洗濯物を取りいれてたたんでいるときに、ママに近寄ってきてベランダ側に来たcocoちゃん。いつもママのお手伝いをするために寝室に接しているベランダの室外機の上に手をついて立つのが定番のcoco。そして、cocoちゃんの足元にある洗濯物を踏むとバランスを崩して危ないからと、取り除いてあげたあと、ホンの2~3秒目を話した隙に、立ち姿勢からベランダ側を背にして座ったよう…。これまた端よりだったため、頭の重みでバランスを崩し、“ドン”という音でママが気づいたときにはベランダで仰向けで落ちていました。

2回とも、落ちた高さは30~40センチの高さで、片方はカーペーット、片方はコンクリートでしたが、落下直後から大泣きをし、出血もなく、具合の悪そうな様子もなかったので、かなりホッしました。

実はこれより以前、居間でcocoちゃんを抱っこして歩いているときに、下においてあるおもちゃにママが躓いて、抱っこしているcocoちゃんもろとも倒れてしまったことがあります。そのときも後頭部を打ってしまいました。このときは、抱っこしていたということもあり、1メートル以上の高さから落ちたとこと、そして初めて頭を強く打ったということもあり心配になり、病院に連れて行ってしまいました。このときは、1メートル以上の高さから落ちたが、落ちたところがカーペットだったこと、落ちたあと泣いていること、出血もなかったこと等から“とりあえず心配ないでしょう。”っていうことでした。

このときのこともあり、今回は以前よりか冷静に対処することができました。
でも以前お医者様にかかったときにもらったメモには、“頭を打った場合、数時間後や、1~2日後、あるいはずっと遅れて1~3ヶ月経ってから(変化が)起きる場合がある”そう。

ちなみに“頭痛がだんだん強くなってくるとき”“吐き気・嘔吐が何回も続いて起きるとき”“ぼんやりしていて、放っておくとすぐに眠ってしまい、起こしてもなかなか起きないとき。”“痙攣(ひきつけ)が起きたとき”などの症状がでていたら、病院に連絡し、適切なアドバイスを受けることが大切とのこと。あと、“小さいお子様の場合、強く頭を打った場合でも症状がでにくいことがありますので、元気にしていても2~3日はよく日常生活を観察してください。”とあったので、しばらくの間は注意が必要のようです。ちなみに“頭を打った当日はお風呂はやめておいたほうがいい”と他の本にあったので、昨日はcocoちゃんはお風呂は入れずにおきました。

このところ、ほんとにcocoちゃんから目が話せない日々を過ごしているママです。昨日もホントわずか数秒目を離しただけで、頭を打ってしまったので、大ケガや大事故に繋がらないよう、更に気をつけなきゃとおもった次第です。


スポンサーサイト

非公開コメント

夢を叶えるための名言集☆


presented by 地球の名言

人生が輝きだす名言集♪


presented by 地球の名言
プロフィール

 hiromisa

Author: hiromisa
関東在住。
・夫(ジョニー)
・私(hiromisa)
・娘(coco)…2008年7月31日生まれ
の3人暮らし。
coco(娘)は先天性心室中隔欠損症をもって生まれ、2009年2月2日に心内修復手術(心室中隔欠損孔パッチ閉鎖)を受けました。

*コメントのお返事は、サイトをお持ちの方にはサイトに遊びに行かせてもらってしております♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。