スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたずらが出来なくなったわけとは…

一昨日からマウスの調子が悪くて、ブログを書いている途中で何度もフリーズしてしまい、にっちもさっちも行かなくなってしまったので、電池等の交換をしたりしてみたのですが、またまた動かなくなってしまったので、急遽ケータイからアップしました。

マウスが使えないとなると、パソコンがほとんど使えないので、今日は朝からヤ○ダ電気に行って、新しいマウスを買ってきました。で、先ほどインストールして使えるようになりました。原因はマウスの劣化だったようで、原因がパソコン本体じゃなくホッとしました。

マウスが無事使えるようになったところで、今日のアップは昨日途中まで書いていたものに追記した分をアップします。


cocoちゃんのいたずら防止用に購入したのは、ケーブルボックスという商品です。

ケーブルボックス 外観

ケーブルボックスとは、“デスクの下で絡まっている電源ケーブルやテーブルタップをまるごと収納でき、気になる机の下やコンピューターのまわりをスッキリとみせられるデザイン収納ボックスです(商品説明より)”
おまけに、“コンセントとプラグのすき間にほこりが蓄積され、そこに湿気がたまると漏電、発火して火事の原因となるトラッキング現象を、ホコリを防ぐことにより防止します。 ”とのこと。

“中はこんな感じです。”
ケーブルボックス 中身

コンセントにさしていたのは、電話のアダプターを含め5個分。最初は6個口のタップにしようかと思ったのですが、店員さんに聞いたら1500Wまでなので2つに分けたほうがいいと言うことだったので、
パソコン系の電源と電話系で、電源を分けました。こちら(パソコン系)の方は、これより小さいサイズのケーブルボックスでもよかったかもです。

元々、パソコンのしたのコンセントの配線がタコ足配線気味だったこと&コードがぐちゃぐちゃしていたのが気になっていました。こんな↓感じでした…。

“ママ、タコ足配線は危険でちゅよ!”
机の下にもぐりこんで 見つかっちゃいました

その上、cocoちゃんが机の下にもぐりこむようになったので、“これはちゃんとしなきゃ!!”ということで、少し前に節電タップを2つ買ってきて、パソコン・電話・ファックス等の配線をキレイにしました。でも、この節電タップ、使わない電源は個別に切っておけるタイプなため、使っている電源のところはオレンジのランプが付くようになっています。cocoちゃんはこのランプが気になるのと、プチッと押せるスイッチが面白いらしく、さらに机の下にもぐりこむように…。

これに頭を痛めたママは、以前から気になっていたけど、なかなか手が出なかったケーブルボックスを思い切って購入することにしました。

そして、“机の下は現在↓のような形になりました。”
ケーブルボックス 並べた状態

パソコンの机の下がケーブルボックスのお陰でかなりスッキリしました。
スッキリしたのも嬉しいですが、一番は、一日に何度も、cocoちゃんを“イタズラしちゃダメでしょ!”と言って机の下から連れ出す必要がなくなったこと。結構これって、ママのストレスだったんですよね。

ケーブルボックスは、1個4000円弱で、2つで8000円と、シンプルなつくりの割にはいいお値段の物だったのですが、ママのストレスがかなり軽減されたことを思えば、買ってよかったと思える商品でした。

ちなみにケーブルボックスを設置した後のcocoちゃんの反応ですが、
“確かここにイタズラできるものがあったはずでちゅのに…。あれ????”っていう不思議そうな顔をしていました…(^_^;)




スポンサーサイト

非公開コメント

夢を叶えるための名言集☆


presented by 地球の名言

人生が輝きだす名言集♪


presented by 地球の名言
プロフィール

 hiromisa

Author: hiromisa
関東在住。
・夫(ジョニー)
・私(hiromisa)
・娘(coco)…2008年7月31日生まれ
の3人暮らし。
coco(娘)は先天性心室中隔欠損症をもって生まれ、2009年2月2日に心内修復手術(心室中隔欠損孔パッチ閉鎖)を受けました。

*コメントのお返事は、サイトをお持ちの方にはサイトに遊びに行かせてもらってしております♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。