スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンカチが手放せませんでした…

本日2件目のアップです。

昨日“震災後Twitterに投稿された心に残るつぶやき”がまとめられたサイトを知りました。
読んでいて、ハンカチが手放せませんでした。
夫にもこれを読ませ、泣かせて(=夫も泣いていました)しまいました…(^_^;)
心が不安になってしまうことも多いここ数日ですが、
これを読んだら“気持ちを明るく持って、がんばろう!”と思えてきました。

以下全文、サイト等よりの転載になります。※かなり長文になります

***************


#prayforjapan は、海外の人たちから日本に送られてくる応援メッセージのハッシュタグです。
1秒に1回以上のペースで、地震発生時から現在まで地球上のあらゆる地域から寄せられています。

prayforjapan.jp は、避難生活を余儀なくされている方、不安に押しつぶされそうな方に、
すこしでも勇気をもってもらえたらと思い、このメッセージを受け取ってもらうために、つくりました。
公開にあたり悩みましたが、一人でも希望を持ってもらえたらと思い、
国内で投稿された心に残るつぶやきや、海外から寄せられた応援メッセージをまとめています。

このサイトは、栃木県の避難所にて、停電のなか最初の夜を明かしている20歳の学生によって作られました。
現在、FacebookやTwitterで賛同してくれた有志により、運営と多言語化などのプロジェクトが進んでいます。

“震災後Twitterに投稿された心に残るつぶやき”
http://prayforjapan.jp/tweet.html

「外国人から見た日本人」

CNN
「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう」

中国主要紙
「破壊度は四川大地震の20倍」と報道。
日本批判の書き込みが多い中国のインターネットには
「四川大地震のとき日本は支援してくれた。今回は中国の番だ」「がんばれ日本」
など励ましのコメントが多く寄せられた。
日本の災害を喜ぶ書き込みもあるが、「中国人の恥だ」と批判が殺到している。

CNNの専門家
「日本の国民はミラクルだ。被害は確定しないが、他国だったら数倍になっていただろう」
「ハイチの500倍以上の威力の地震で津波到達まで5分しか時間ない中で、信じられない対応だ」

ツイッターの中国版
ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、
中央に通路を確保している写真が投稿された。
「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」との説明が付いた。

この「つぶやき」は7万回以上も転載。
「中国は50年後でも実現できない」
「とても感動的」
「われわれも学ぶべきだ」
との反響の声があふれた。

東京留学中に地震に遭った中国人記者
日本語教師が学生を避難誘導、
「教師は最後に電源を切って退避した」
と落ち着いた対応を称賛。
「日本人のマナーは世界一」
「人類で最高の先進性が日本にある」
などの書き込みが相次いだ。


「日本の学校は避難所だが、中国の学校は地獄だ」
といった中国政府や中国人 の対応を批判する書き込みも。
2008年5月の四川大地震では、耐震性の低い 校舎が多数倒壊、
5千人を超える子どもが死亡。
生徒を置き去りにし、真っ先に逃げた教師が批判された。

この国民性、成熟度の高さ文化的な力は、どの国も勝つことはできない。

過去1994年に広島で開催されたアジア大会の閉会式では、
6万人が立ち去った競技場の観客席に「ごみひとつ」残されていなかったことを、
各国の新聞が「恐るべし、日本民族」などの見出しで紹介した。
また同論説によると、1995年の阪神淡路大地震では、
地元の小さな金融機関が、被災者のために無利子、無担保、
「本人が連絡先を記入するだけでよい」との方式で、
当面の生活資金を貸し出したが、3年後にすべて返済されたという
「恐るべき事件」が発生した。

「日本人は原爆を落とされた怒りと悲しみを、復讐にではなく復興に力を注いだ事は世界が見習うべきである」

*****


ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。


千葉の友達から。避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らした時、横に居た高校生ぐらいの男の子が「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」って背中さすって言ってたらしい。大丈夫、未来あるよ。


仙台の友の言葉。
「暗すぎて今までに見たことないくらい星が綺麗だよ。仙台のみんな、上を向くんだ!」
こんなくさいセリフが心に突き刺さった。。


外国人から見た地震災害の反応。物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。



弟が。先程の母と弟の会話。母「地震で家が潰れた人とかどうするんやろう、本当に可哀そう・・・」5歳の弟「なんで?建てたらいいやん!」母「誰が建てるん」弟「おれが建てたるやん!!おれ、おとなやし!」玄関へ向おうとする弟。待て待て待て、お前いつからそんないい男になったんや・・くそお


オバマさんは地震が起きた時秘書に叩き起こされて状況を聞いた後「全てをキャンセルして対策を立てろ」と言ったそうな。カッコ良すぎる


『お前今日なんで髪ストレートなん?
俺巻き髪の方が好きって言ったべ』
『そーだけどー、まいに出来る節電ってこれ位しか思いうかばなかったしいー』
電車の中でのギャルカップルの会話。
日本全体が自分にできることを考えてんだな。って実感して、なんかうるうるしてしまた。まいちゃんイイネ!


韓国人の友達からさっききたメール。(日本語訳後)
「世界唯一の核被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だってくる。津波もくる……小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本なんじゃないの。頑張れ超頑張れ。」
ちなみに僕いま泣いてる。


この地震がきっかけになって、失いかけていた日本人であることの誇りを、多くの人が取り戻しつつあるように見えて、それがなんか泣けてくる。


イギリスBBCが「世界最大の地震で、この被害で収まっているのは日本以外考えられない。日本人の特異性、規律性、自律性、協調性は学ばなければならない。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動は取れない。」との見解で、変な言い方ですが嬉しく思いました。


イタリア親戚「凄い地震きてるのに死者3桁とかやっぱ忍者いるよね?」スペイン親戚「日本の建物ってどうやって作ってるの?信じられない」フランス親戚「まどか無くなったら死ぬ」イギリス親戚「生きてる!?津波と地震とガチバトルしてるとか日本最強…」先ほど我が家にきた電話とメール。


泉谷しげるが、北海道南西沖地震の時も、阪神淡路大震災の時も「てめえら、募金しろ!」つって一人でゲリラライヴやってたよね。売名行為だと言われて「売名?あーそーだよ、オレはよ、売名行為でやってんだ。なぜならよ、有名じゃなきゃ金は集まらんだろ。売名行為だ。一日一偽善だバカヤロー」って。


昨日ディズニーシーに行き、そのまま園内に泊まっている友人から「なんかね!昨日地震で楽しめなかったぶん、後日使えるパスポートを配布してくれるんだって!」夢の国すぎて涙が出た


日本全国の皆さん。やさしさを失わないで下さい。弱い人をいたわり、互いに助け合い、許そうとする気持ち失わないで下さい。あなたが不安な時、きっと周りの人も不安なはずです。これが私達の願いです。私達も同じ気持ちで頑張ります。(ウルトラヒーロー&スタッフより)


アフガンから日本に400万の支援。アフガン自体、今戦闘が続いててヤバい上、アフガンにおける400万は相当の金額。で、寄付理由が「日本は復興を手伝ってくれたから、その恩返し」。涙出てきた。


2歳の息子が独りでシューズを履いて外に出ようとしていた。「地震を逮捕しに行く!」とのこと。小さな体に宿る勇気と正義感に力をもらう。みなさん、気持ちを強く持って頑張りましょう。


アルジャジーラの地震ニュースを見てしまい、日本への想いがとまらない。泣きそうな私にエジプトの人達が声をかけてくれる。「昨日までは君が僕らのために叫んでくれてた。今日は僕達が日本の為に祈るよ。世界は一つだよ」って。


ディズニーランドで地震があった時、ミッキー達が一斉に出てきて子供を慰めてたらしいね。さすが夢の国。


「ニュージーランドが被災した際、ニュージーランドの救助隊の側には常に日本人の救助隊がいた。だから今度は私たちが日本を助ける番だ。」とラジオで流れてきた。…まだ諦めるのは早いよ!もう少しだから頑張って!


チリ人からメッセージ「僕らも1年前に同じように大きな地震を受けました。その時からこれまでを強く支えてくれたのは日本人でした。チリは日本に感謝しています。無事を祈っています。」


日本の強さがこんな時に始めて分かった気がする。国の規模でも軍事力でもない、日本人の深いところにある思いやりの心。世界がそれに応えようとしてくれてる。インドの学生がろうそくを手に祈ってくれてる。


ハリケーンカトリーナの時、普段1$の水が10$で売られ、それを経済学者は"It's market price."と擁護した。今回サントリーが自販機無料開放してくれたことを、忘れてはいけませぬ。


今バンクーバーに住んでいるのだが、少し離れたこの地でも日本に向けての募金がスタートした。UBC(近所の大学)生を中心に、本日付スタートで参加者は400名に上る。これからもっと増えて、日本にいる人たちを少しでも助けられたらと思う。みんな一緒に頑張ろう!!


ディズニーランドにて、ショップのお菓子なども配給された。
ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさんもらってて、その後、避難所の子供たちにお菓子を配っていた。


一回の青信号で1台しか前に進めないなんてザラだったけど、
誰もが譲り合い穏やかに運転している姿に感動した。
複雑な交差点で交通が5分以上完全マヒするシーンもあったけど、
10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。
恐怖と同時に心温まる時間で、日本がますます好きになった。


バスが全然来ない中、@saiso が、バス停の前にある薬局でカイロを買ってきて、
並んで待ってる人みんなに配った!


この地震がきっかけになって、失いかけていた日本人本来の良さが戒間見れた気がする。
犯罪はする様子はなく、助け合い、律儀、紳士的。普段日本人は冷たい人が多い…って感じてるんだけど、多くの人が今回で「絆」を取り戻しつつあるように見えて、感動して泣けてくる。


ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。
いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。


中部電力から関東に送電が始まってる話をしたら
普段はTVも暖房も明かりもつけっぱなしの父親が何も言わずに率先してコンセントを抜きに行った
少し感動した。


昨日の夜中、大学から徒歩で帰宅する道すがら
とっくに閉店したパン屋のおばちゃんが無料でパン配給していた。


トラックの運転手も有志で物資運んでるらしいし
東北の交通整備をヤクザさんがやってるという話も聞いた。
最近、日本に対して誇りを持てないことが続いていたけれど、そんなことない。
日本は凄い国だ。素直に感動してる。日本国の皆さん頑張ろう!


スーパーでお客さんのほとんどが他の人の事を考えて
必要最低限しか買わない感じだったのが感動しました


朝の朝礼で
「何があっても決して不安な顔は見せずに売り場に立つ以上はおもてなしをする気持ちを忘れずにお客様を安心させてあげてください」
ちょっと感動した。がんばるか。開店です!


警備員の友人何人かが町田〜相模大野で夜間警備のボランティアをしていたので手伝ってきた。
年齢問わずいろんな知らない人同士が助け合っていて心強かった。
ちょっと感動してトイレの隅で泣いた。


バイトの先輩が1人でも救うために寒い中紙に
「バイクでよければ送ります」と書き駅前で掲げ鳶職のお兄ちゃんを所沢まで送ったそうです。
世の中まだ捨てたもんじゃないなって思いました。
自分も人の役に立ちたいと生まれて初めて思いました。


夜の21時くらいなのにビルの前で会社をトイレと休憩所として解放してる所があった。
社員さんが大声でその旨を歩く人に伝えていた。感動して泣きそうになった。


何時間も歩き続けてたんだけど、
至る所でトイレかしますとか、休憩できますとか言うビルや飲食店が沢山あった。
企業ビルの人がボランティアで、○○線運転再開ですー!とか、
休憩できますー!!って呼びかけてるの見て感動して泣きそうになったマジで


終夜運転のメトロの駅員に、大変ですねって声かけたら、
笑顔で、「こんな時ですから!」だって。
感動した。


4時間かけて歩いて帰ってきた主人。
心が折れそうになってた時
「お寒い中大変ですね!あったかいコーヒーどうぞ!」
って叫びながら無料配布してるおっちゃんに出会った。
もう5回もこの話をしてくるので本当に嬉しかったんだと思う。
おっちゃんありがとう。


バイト先に若いお兄さんたちが軍団でお酒を買いに来たんだけど、
その中の一人が
「やべえ、オレお酒のためにしかお金持ってきてないから募金できん。ちょっとこれ買うのやめるわ」
って言って商品返品してそのお金全部募金してた。
お友達も続々と募金しててすごい感動した。すごいよ。


募金箱に金髪にピアスの若い兄ちゃんが万札数枚入れていた。
「ゲームなんていつでも買えるからな」
と言っていたのが聞こえて私含め周りの人達も募金していた。
人は見た目じゃないことを実感した。


さっき知らない国際電話、
誰か日本の人に繋がればいいなと思って日本の局番で自分と同じ番号おしてかけて来た、
心配と応援の電話だった!
英語よくわからなかったけど、言ってることは理解出来た!
向こうで沢山の人が「pray for japan」って!


被災地から救出された80歳過ぎであろう男性
笑顔で「大丈夫!大丈夫!再建しましょう!」と
悲しみの声を聞き出そうと食い下がる記者に
「そんなこと言っても仕方ないでしょ」と笑顔
日本を築いてきた方達は凛々しい。


絶体絶命、糸、色、体、糸、色、命。いとしきからだ、いとしきいのち!
板で見て感動した!みんな頑張れ!頑張れ日本!


CNNに登場した千葉在住の米人学生
「私は混乱したが、まわりの日本人は違う。落ち着いて周りの人で声を掛け合っている。お互いの状況を確認し励ましあい助け合う。日本人は偉大だ。日本は大丈夫だ」
パニックを期待したCNNアンカーちょっとガックリ…


駅員さんに「昨日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」
って言ってる小さい子達を見た
駅員さん泣いてた。俺は号泣してた。


自衛隊、背中に年寄り2人背負って両腕に年寄り1人ずつ
計4人の年寄り抱えてダッシュとか普通にしてるらしい
それなのに食事も睡眠もろくにとらず、笑顔でがんばってるようだ。


NHKの男性アナウンサーが被災状況や現況を淡々と読み上げる中
「ストレスで母乳が出なくなった母親が夜通しスーパーの開店待ちの列に並んでミルクが手に入った」
と紹介後、絶句、沈黙が流れ、放送事故のようになった
すぐに立ち直ったけど泣いているのがわかった
目頭が熱くなった


いつか自分の子供や孫に話そう
「おばあちゃんが若かった時、東日本大震災があって世界中が1つになった。皆が一つのために必死になって支えあって輝いていたんだよ」って
相手が聞き飽きるまで話そう
だから1人でも多くの人に元気になってほしい

以前、外国の人による
「僕はね 日本人というのは 神様が
人間は頑張れば ここまで出来るんだってことを
世界の人に教えるために 作ったと思うんだよね」
というコメントを思い出しました。





スポンサーサイト

非公開コメント

夢を叶えるための名言集☆


presented by 地球の名言

人生が輝きだす名言集♪


presented by 地球の名言
プロフィール

 hiromisa

Author: hiromisa
関東在住。
・夫(ジョニー)
・私(hiromisa)
・娘(coco)…2008年7月31日生まれ
の3人暮らし。
coco(娘)は先天性心室中隔欠損症をもって生まれ、2009年2月2日に心内修復手術(心室中隔欠損孔パッチ閉鎖)を受けました。

*コメントのお返事は、サイトをお持ちの方にはサイトに遊びに行かせてもらってしております♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。